「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017」

第6回を迎えたくらしの足をみんなで考える全国フォーラム、

盛会のうちに無事終了しました。

天候の悪い中、参加いただいた皆様、ありがとうございました!

■当日配布できませんでした佐治友基様(SBドライブ代表取締役社長 兼 CEO)の資料が

以下よりダウンロードできます。

くらしの足フォーラム(SBD佐治様).pdf
PDFファイル 8.5 MB

※他の登壇者の資料については配布済。(一部は配布不可のため、ご容赦ください)

「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017」が2017年10月28日(土)、29日(日)の2日間にわたって開催されました。今年で6回目となった本フォーラムですが、全国各地から約300 名を超える方々にご参加いただきました。

 

◆日時:2017年10 月28 日(土)13:15 ~ 29 日(日)16:30

◆場所:東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山 5-28-20)

 

◆主催:くらしの足をみんなで考える全国フォーラム実行委員会

・実行委員長 :岡村 敏之(東洋大学教授)

・副実行委員長:加藤 博和(名古屋大学准教授)

 

◆共催:(公財)交通エコロジー・モビリティ財団

 

◆後援: 国土交通省、厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、

東洋大学国際共生社会研究センター、

名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター、

(一社)日本民営鉄道協会、(公社)日本バス協会、(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会、(一社)全国個人タクシー協会、(一社)全国福祉輸送サービス協会、

全国交通運輸労働組合総連合、日本私鉄労働組合総連合会、全国自動車交通労働組合連合会、(一社)全国子育てタクシー協会、

(特非)市民福祉団体全国協議会、(特非)DPI 日本会議、(特非)全国移動サービスネットワーク

 

◆協力:東洋大学

◆メディアパートナー:(株)東京交通新聞社

 

<プログラム(1日目)10月28日(土)>

◆ご挨拶 実行委員長(岡村敏之(東洋大学教授)

◆くらしの足概論&ディスカッション

「大いに語ろう、くらしの足の原点から自動運転まで」

高齢化、人口減が進み、高齢運転者の事故の問題が顕在化するなか、くらしの足の原点から、自動運転まで、幅広く議論しました。

 

(1)くらしの足概論の講演 鎌田実(東京大学教授)

(2)ディスカッション

・三星昭宏(近畿大学名誉教授)、・大津太郎(秦野市公共交通推進課課長代理)

・遠藤準司(全国移動サービスネットワーク理事)・佐治友基(ソフトパンクドライブ(株)代表取締役社長)

コーディネーター鎌田実(同上)

◆グループディスカッション

グループに分かれて、くらしの足に関する悩みや課題を共有し、解決のヒントをみんなで議論しました。

 

◆懇親会

<プログラム(2日目)10月29日(日)>

◆ご挨拶 実行委員長(岡村敏之(東洋大学教授)

◆ショートスピーチ

 松本年弘( 国土交通省総合政策局公共交通政策部長)

◆基調講演・ディスカッション 「くらしの足」で地域を「健幸」にする!

基調講演(1)

おでかけする人が増え、いろいろな人たちが行きかう地域がどんどんいきいきわくわくそんな「健康で」「幸福な」地域づくりを支える『くらしの足』をどうすればつくれるのか。皆さんと一緒に考えます。「健康で」「幸福な」地域づくりを支える「くらしの足」をどうすればつくれるのか。

基調講演(2)

「くらしの足」で地域を「健幸」に(通称 黄バスの運行にて)

水落 優(特定非営利活動法人くらしサポート越後川口 理事長)

ディスカッションでは、この2者が熱く議論してくれました。

コーディネーター加藤博和(名古屋大学教授)

◆取り組み紹介(ポスターセッシヨン)

◆白熱討論

「くらしの足の確保の先を見据えて」

「足の確保」だけではない、「健康」「生活の質」も意織した新たなくらしの足の仕掛けは? 様々な立場の登壇者が熱く語りました。

 

・岩村龍一((株)コミュニティタクシ一会長)

・若菓乎穂((特非)いわて地域づくり支援センター常務理事)

・伊藤昌毅(東京大学助教)

・寺井豊(京都府交通政策課長)

コーディネーター岡村敏之(東洋大学教授)

◆閉会のご挨拶

  ・実行委員会顧問 鎌田実(東京大学教授)

◆関係者の協力

ポスターセッションの申込みは終了いたしました。多数の申込みありがとうございました。 

 

くらしの足に関する取り組みを、「取り組み紹介(ポスターセッション)」の時間に、全国からの参加者と共有しませんか?詳細と発表申込は、以下をご確認ください!

◆テーマ例(参考)

「住民が担う地域交通」「自治体・事業者の先進的取り組み」「パーソナルモビリティとくらしの足」「くらしの足の担い手育成・中間支援」「情報ツール・製品・サービスの紹介」

ポスター発表申込者一覧
2017poster_fin.pdf
PDFファイル 203.3 KB
ポスターの展示方法
170803_PS_v01.pdf
PDFファイル 72.3 KB

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017

取組紹介(ポスターセッション)の参加方法について

 

1、 ポスター展示・発表:10月29日(日)12:10~14:40

2、 場 所 :東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山5-28-20)

 

3、 ポスター参加申し込み

(1)申し込み期限:10月13日

(2)参加費用

 ポスターセッション参加は基本的に無料ですが、企業PRや商品紹介は有料(2万円)です。

(3)ポスター展示・発表の申し込み

 ホームページから申し込みをお願いします。

 http://zenkokuforum.jimdo.com/

 ◆申込みの際には配付資料に掲載するための発表概要の入力(200文字程度)、

  部屋割りの際に用いるキーワード(選択肢より選ぶ)が必要となります。

 ◆ポスター参加関係者は全員、別途個別に本フォーラムの参加申し込みをお願いします。

 (ポスター出展関係者の参加費は、「参加費免除の申請」により無料となります。)

 

4、 発表手段

(1)ポスター掲示用パネル板(縦1850mm×横950mm)またはベニア板 縦長(縦1920mm×横910mm)、を用意しますので、ポスターなどをピン留めで掲示してください。(ピンは事務局でも用意します)

(2)掲示パネルの前に長机をおけます。パンフレットや、その他資料配布等に使用ください。

(3)ノートパソコン等の容量が小さなものは、AC電源が使用できます。(ただし電源用延長ケーブル(5m程)はご用意ください)

(4)大学内のインターネット回線は使用できません。必要があれば各自でご用意下さい.

 

5、 当日の準備、等

(1)ポスター発表者は、会場にて受付をお願いします。展示場所等は受付にてお知らせします。展示は基本的に分野などで事前にグループ分け(部屋分け)をします。

(2)展示準備は、10月29日(日)の9:00~11:30の間にお願いします。ポスターセッションの時間帯が終了次第(14:40)、展示物の撤去をお願いいたします。

(3)10月29日(日)12:10~14:40の取組紹介(ポスターセッション)の時間帯は説明要員を配置し,ポスターの説明(発表)をお願いします。(11:50~12:10は食事時間を設定)

(4)発表の時間や方法については,各展示場所の責任者の指示に従って下さい.割り当てられた説明時間以外にも説明要員の方が常駐頂いても構いませんが,近くのポスターの展示や他の説明要員の方々へのご配慮をお願いします。

(5)10月29日(日)基調講演のあと、11:30より出展者紹介の時間をとります。基調講演の教室にお集まりください。※お座りの席で出展責任者に立ちあがっていただき、ご紹介します。

 

6、 当日配布資料

今年度は、事前の資料の受け取りはできません。

各自、当日会場へお持ちください。

(フォーラム終了後の残資料の返送は、東洋大学前の「セブンイレブン文京本駒込1丁目店」で取り扱可能です)

 

7、 その他

当日、ポスターや参加者の写真を撮らせていただくことをご了解ください。

 

8、 お問い合わせ先

くらしの足をみんなで考える全国フォーラム実行委員会事務局

E-mail: info@kurasinoasi.com

 ※お問い合わせはメールにてお願いいたします。

URL:http://zenkokuforum.jimdo.com/

 

以上 

 

2017年 関連セミナー

下記シンポジウムは終了しました。ご参加ありがとうございました。

 

トークライブ「鉄道が地域の未来を明るくするために」

 ■2017年12月11日(月) 18‐20時 (終了後、簡単な交流会を開催)

 ■名古屋大学東山キャンパス 環境総合館1階 レクチャーホール

 出演:田中 輝美 さん  ローカル・ジャーナリスト 

 司会・対談: 加藤 博和 教授   地域公共交通プロデューサー、

                  名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター 

 

 

 ▶申し込み・詳細はこちら↓

 http://orient.genv.nagoya-u.ac.jp/railway.html

終了しました

(一財)地域公共交通総合研究所 第5回シンポジウム

地域のモビリティをどう確保するか?

~ 地方創生に向けた公共交通を含む諸方策の新たな総合的展開 ~

 ■日    時: 8月9日(水) シンポジウム 13:00~18:10終了 <予定>

                懇親会    18:20~20:30散会 <予定>

 ■テ ー マ : 地域のモビリティをどう確保するか?

       ~ 地方創生に向けた公共交通を含む諸方策の新たな総合的展開 ~

 ■場    所: 政策研究大学院大学(〒106-0032 東京都港区六本木7丁目22−1)

       シンポジウム/ 想海樓ホール(1階)、懇親会/1階食堂

総研第5回シンポジウムご案内.pdf
PDFファイル 1'018.5 KB

終了しました

持続可能な暮らしの足を考えるフォーラム(in 岩手、宮城、福島)

 日常生活には必要不可欠な“暮らしの足”

「公共交通を少し便利に」「地域福祉でみんなで支えあえないか」 

各地で、小さな取り組みが生れつつあります。

“暮らしの足”を支える様々な事例と課題を知り

 みんなで “暮らしの足”をどう支えるか考えませんか?

 

今回、岩手、宮城、福島各県にてフォーラムが開催されます。

 ◆第1弾は「岩手」(2/12に終了)

 ◆第2弾は「宮城」(2/19に終了)

 ◆第3弾は「福島」(3/5に終了)

  

フォーラム実行委員名簿
180607_くらしの足フォーラム2018役員名簿.pdf
PDFファイル 78.0 KB