「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017」

「くらしの足をみんなで考える全国フォーラム2017」が2017年10月28日(土)、29日(日)の2日間にわたって開催されました。今年で6回目となった本フォーラムですが、全国各地から約300 名を超える方々にご参加いただきました。

 

◆日時:2017年10 月28 日(土)13:15 ~ 29 日(日)16:30

◆場所:東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山 5-28-20)

 

◆主催:くらしの足をみんなで考える全国フォーラム実行委員会

・実行委員長 :岡村 敏之(東洋大学教授)

・副実行委員長:加藤 博和(名古屋大学准教授)

 

◆共催:(公財)交通エコロジー・モビリティ財団

 

◆後援: 国土交通省、厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、

東洋大学国際共生社会研究センター、

名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター、

(一社)日本民営鉄道協会、(公社)日本バス協会、(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会、(一社)全国個人タクシー協会、(一社)全国福祉輸送サービス協会、

全国交通運輸労働組合総連合、日本私鉄労働組合総連合会、全国自動車交通労働組合連合会、(一社)全国子育てタクシー協会、

(特非)市民福祉団体全国協議会、(特非)DPI 日本会議、(特非)全国移動サービスネットワーク

 

◆協力:東洋大学

◆メディアパートナー:(株)東京交通新聞社

 

<プログラム(1日目)10月28日(土)>

◆ご挨拶 実行委員長(岡村敏之(東洋大学教授)

◆くらしの足概論&ディスカッション

「大いに語ろう、くらしの足の原点から自動運転まで」

高齢化、人口減が進み、高齢運転者の事故の問題が顕在化するなか、くらしの足の原点から、自動運転まで、幅広く議論しました。

 

(1)くらしの足概論の講演 鎌田実(東京大学教授)

(2)ディスカッション

・三星昭宏(近畿大学名誉教授)、・大津太郎(秦野市公共交通推進課課長代理)

・遠藤準司(全国移動サービスネットワーク理事)・佐治友基(ソフトパンクドライブ(株)代表取締役社長)

コーディネーター鎌田実(同上)

◆グループディスカッション

グループに分かれて、くらしの足に関する悩みや課題を共有し、解決のヒントをみんなで議論しました。

 

◆懇親会

<プログラム(2日目)10月29日(日)>

◆ご挨拶 実行委員長(岡村敏之(東洋大学教授)

◆ショートスピーチ

 松本年弘( 国土交通省総合政策局公共交通政策部長)

◆基調講演・ディスカッション 「くらしの足」で地域を「健幸」にする!

基調講演(1)

おでかけする人が増え、いろいろな人たちが行きかう地域がどんどんいきいきわくわくそんな「健康で」「幸福な」地域づくりを支える『くらしの足』をどうすればつくれるのか。皆さんと一緒に考えます。「健康で」「幸福な」地域づくりを支える「くらしの足」をどうすればつくれるのか。

基調講演(2)

「くらしの足」で地域を「健幸」に(通称 黄バスの運行にて)

水落 優(特定非営利活動法人くらしサポート越後川口 理事長)

ディスカッションでは、この2者が熱く議論してくれました。

コーディネーター加藤博和(名古屋大学教授)

◆取り組み紹介(ポスターセッシヨン)

◆白熱討論

「くらしの足の確保の先を見据えて」

「足の確保」だけではない、「健康」「生活の質」も意織した新たなくらしの足の仕掛けは? 様々な立場の登壇者が熱く語りました。

 

・岩村龍一((株)コミュニティタクシ一会長)

・若菓乎穂((特非)いわて地域づくり支援センター常務理事)

・伊藤昌毅(東京大学助教)

・寺井豊(京都府交通政策課長)

コーディネーター岡村敏之(東洋大学教授)

◆閉会のご挨拶

  ・実行委員会顧問 鎌田実(東京大学教授)

◆関係者の協力

以上

くらしの足を考える全国フォーラム2017チラシ
0803tirasi_combine.pdf
PDFファイル 2.7 MB